恋するように生きる、LIFE SHIFT

自分だけの人生を豊かに紡ぐコミュニケーション術

卓越したコミュニケーションには絶妙な“ 間 ”がある!

“ 間 ”という言葉の意味は、とても沢山あるみたいです。

その中でも、今日このテーマで扱うのにしっくりくるのは、

この2つでしょうか。

・ちょうどよい折。しおどき。ころあい。機会。「間を見計らう」

・その場のようす。その場の具合。

 参照元ま【間】の意味 - goo国語辞書

 

f:id:koisurulifeshift:20170711222532j:plain 

卓越したコミュニケーションには絶妙な“ 間 ”がある!

日々のコミュニケーションを振り返りながら、

交渉ごとがうまく働いたり、

楽しく心地よい会話だったな、と思う時は、

たいてい、“ 間 ”の取り方が上手くいった時ではないでしょうか。

 

この“ 間 ”って、

いったいなんでしょう???

 

よく、まだ親しくなりきれていない人と

会話を繋ごうと思っても、

“気まずい状態”になったりするって、ありますよね。

 

沈黙がこわくて、

「やばい!話さなくちゃ!」と思って

話し始めようとすると、

 

相手も同じように思って話し始めちゃって、

「あ!どうぞどうぞ。」って、

結局また、気まずくなっちゃったり(笑)

 

これ、“ 間 ”が悪いなぁ…って思いますよね。

 

この、“ 良い時 ”と“ 悪い時 ”の違いって、

何でしょうか???

 

ビジネスシーンであれ、

お友達とのカジュアルな会話であれ、

スムーズにトントンと話が展開するような時は、

“ 間 ”の取り方が絶妙に機能しています。

 

 

相手の行動を鏡のように映す「ミラーリング」の効果

NLP神経言語プログラミング)を学ぶ中で、

相手とマッチング&ミラーリングする、

ということを練習します。

 

よく見かけるのは、

カフェで一緒にコーヒーを飲んでいて、

相手がコーヒーを飲むと、

自分もカップに手をかけて、

同じタイミングで飲む、というシーン。

 

これは、相手の行動を鏡のように映しているので、

ミラーリング」と呼びます。

 

簡単な「ミラーリング」で、他に例をあげると、

こういったものがありますね。

 

✔️ 相手が腕を組んだら、同じように腕を組む

✔️ 相手が微笑んだら、同じように微笑む

✔️ 相手が困った顔をしたら、同じように困った顔をする

 

イメージしやすいですし、

多くの方が無意識にしていると思います。

 

 

“呼吸を合わせる”ことができたら、とってもパワフル!

NLPのトレーニングでは、

呼吸の早さ・深さ・タイミングといった細部に渡って、

ミラーリング」することの意味も学びます。

 

“呼吸を合わせる”というのは、最もパワフルな

ミラーリング」テクニックです。

 

雑談が上手な人って、

コミュニケーションが上手なように見えると思います。

 

一方で、雑談が苦手な人って、

何を話したら良いか、ということよりも、

どうやって話し始めたらいいか、分からないのだと思います。

 

これは“呼吸を合わせる”ということだけで解決してしまいます。

 

相手の呼吸は、

・ゆっくりでしょうか?速いでしょうか?

・浅いでしょうか?深いでしょうか?

・いつ吸って、いつ吐いているのでしょうか?

 

これを観察し、合わせることができると、

話し始めるタイミングをつかむことができます。

 

 

ヨガをする人は知っている呼吸のこと

人間は、身体を上に起こす時に吸い、

下に下ろす時に、吐きます。

 

下を向きながら、吸うのって、

難しいので、ぜひやってみてください(笑)

 

人は、話をする時、

まず息を吸ってから、話し始めます。

 

当たり前ですが、

息を吸いながら、話はできません。

 

であれば、どうやって相手と呼吸を合わせるのか?

 

それは、

相手が身体を起こすタイミング=息を吸うタイミングで、

自分も息を吸い、

そして、吐くように言葉を口から出すと、

相手も聞き取りやすく、

スムーズに会話が始まります。

 

実際には、ヨガのポーズみたいに、

分かりやすく身体を上げたり下げたりはしないので、

 

ちょっとだけ前かがみになる時は下がっていて、

ちょっとだけ後ろにのけぞるような時は上がっている、

と捉えるくらいがちょうど良いと思います。

 

飲食店の店員さんであれば、

テーブルにお皿を置いている瞬間は身体が下がって、

お皿から手を離した瞬間から身体が上がり始めます。

 

それくらい、小さな姿勢の変化ですが、

呼吸が連動しています。

 

 

常に意識していれば、コミュニケーションの質は上がる

日々、こうやってNLPからの学びをブログに書いているので、

私自身は、日常の会話や、仕事での会議や商談など、

かなりマニアックなレベルで、

意識的にコミュニケーションを取っています。

 

そうやって、意識を働かせていると、

やはり、どんどん会話は上達していきます。

 

今日は、

まだあまりお話したことの無かった

カフェの店員さんとお話することができました。

 

その時もやっぱり、

店員さんがオーダーを伝票に書き終わって、

顔を上げると同時に、

私もほぼ同時に(無意識レベルで)息を吸って、

そして、何気なく、気づいたことをお話しました。

 

私「メニューに全部 “ NEW ”って、付いてますね!

  迷っちゃいました!」

 

店員さん「そうなんですよ。全入れ替えしたんです。」

 

スムーズに、反応してくださいました。

「え?!」と聞き返されることは、ほぼありません。

 

小さなことかも知れませんが、

こういう何気ない会話が自然とできる人は、

相手との関係性をうまく構築することができます。

 

私はきっと、この店員さんとまた次も、

気軽にお話ができると思いますし、

今度お店に行った時の「こんにちは」の表情は

いつもと違った表情が見られると思います。

 

いかがでしょうか?

 

ぜひ、日々のコミュニケーションを楽しんでくださいね!

今回は力作になりました(笑)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

✨関連するおすすめの書籍はこちら✨